当たる風水で開運しましょ

占いとは太古から使われてきた、いわば道しるべのような存在だと感じます。
右か左か悩み進みにくい場合などにどちらに進めばよいか、方向性を示してくれる物な気がします。


結局は自分で決めるのですが、背中を押してもらいたい時があります。

今はとりわけ恋愛などで女子高生などが使用する場合が多く見られます。



雑誌の後ろの星占いや血液型占いなどで、今日の運勢などを見、一喜一憂している女の子を見ると微笑ましくなります。

そんな彼女たちにお勧めなのが、風水なのです。当たる、当たらないは個人差もありますので、一概にはいえないのですが、風水の良さは占いというよりも、人間としての感性な気がします。



風水では気の流れを重視するようです。気がスムーズに流れれば、円満に事が運ぶ、という意味合いなのでしょうか。
その為風が通るように、遮るものを外すとか、こまめに掃除をしてホコリなどを排除するとか、部屋の中などを明るくするように、家具やカーテンなどの色を選ぶなど、人間生活を営む上で大事な事を伝えてきていると思うのです。

金運がアップするように水場をキレイにする、財布をキレイにするなど、金運アップ以前にその方が気持ちいいじゃないですか。



恋愛運をアップさせるように、カーテンをピンクなどの明るい色にしたり、鏡をキレイにして笑顔を写すようにするなど、そんな女の子、可愛いじゃないですか。風水は当たる占いというよりは、人間として生活する上で、健やかな素敵な大人になれるような助言をしてくれる、そんな占いなのではないでしょうか。

そうすれば必然的に「当たる」のです。