債務整理の種類について

債務整理とは借金の減額、または免除して、返済を促す手続きのことです。

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産の3つがあります。

任意整理とは司法書士が債権者と返済方法や返済額について交渉し、支払い可能な条件での合意をする手続きです。原則として将来の利息カット、高金利の場合には利息制限法に基づいた引き直し計算などが行われ、借金が減額されます。
しかし民事再生や自己破産に比べると減額できる額は多くありません。

また、最近では任意整理に応じない債権者が増えています。

はてなブックマーク情報をピックアップしたサイトです。

民事再生とは事業を展開しながら借金を大幅に免責してもらう手続きです。

個人の場合は個人再生と言います。



裁判所に申し立てる必要があります。

民事再生の特徴は会社をつぶさなくてもよい、住宅や車など資産をある程度手元に残したまま借金を減額または長期返済にしてもらうことができるということです。

また強制執行もできなくなります。

借金が免除されるわけではないので、返済可能な見通しが立たないと適用されません。


自己破産とは裁判所に申し立てて、債務をゼロにしてしまう手続きのことです。

認可されると借金の返済義務がなくなります。

強制執行もできなくなります。

債務整理情報を厳選して紹介しています。

ある程度の資産は残すことができますが、住宅などは手放さなくてはなりません。

また一部の職業に就くことができなくなります。債務整理を行っても、滞納している税金は免責されません。また債務整理を行うといずれの場合でもブラックリストに載って借入が一定期間できなくなります。