うちわの歴史と日本の文化

歴史の古いうちわですが、原型は日本でいう古墳時代で、その当時は今とは少し違う形をしていました。

ちなみに、似たような機能ですが折りたためるものを「扇」といいます。

NAVERまとめのことならこちらのサイトにお任せください。

用途も風を送るために扇ぐというより、高貴な人たちが顔を隠したり、虫などを払う道具として使われていたようです。
現在の扇ぐというよりは、「はらう」「かざす」用途が大きく、儀式や軍配、信仰、占い等に使われていました。

うちわを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

現在のような形に落ち着いたのは室町時代、竹と和紙で作られ送風機能もアップし、涼をとったり、炊事など生活の中で様々な用途に使用されました。



さらに、明治時代には日本独特の美しい意匠が外国人に喜ばれ美術品と共に輸出され広まっていきました。


そして商売用にも普及していきます。

今でもよく見る、名入れや商品名をいれたものが明治時代にはすでにありました。
現在は生活の道具というよりは花火大会など、おしゃれの小道具に使われる事が多いですが、夏場に駅で無料で配られたり、広告媒体としても未だ現役で活躍しています。


ジャニーズのコンサートなどではタレントのうちわをよく見ますが、日本独特のものでした。
しかし、彼らが海外に行くと今ではタレントの写真やメッセージを書いたうちわを外国人が持っていたりします。明治時代と同じくうちわと共に文化が輸出されたのです。

伝統的な竹と和紙で作ったものより、プラスチックを使った低コストなものが増えていますが、昔ながらの竹うちわは時代にあったエコ商品といえるのではないでしょうか。